言葉を紡ぐLyric DJ

「歌詞を通じて音楽が本来もつ熱い想いを伝えたい」。
COTODAMAはその熱意をDJのカルチャーにも伝えています。
Pioneer DJと共同開発した「rekordbox lyric」は、DJがプレイする楽曲の歌詞をヴィジュアライズすることによって、サウンドだけでなく歌詞で音楽を繋ぐことを可能にしました。
DJがまるでストーリーテリングをするように「言葉を紡ぐ」。
歌詞を通じた新しい音楽の楽しみ方をDJの世界にもたらしています。

世界に広がる「歌詞 X DJ」

COTODAMAではこれまでに、米国テキサス州で行われるSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)や、渋谷ハチ公前広場にて行われた「#SCRAMBLE×Sony」など、世界中の音楽とテクノロジーのフェスティバルにてLyric DJのイベントを開催してきました。また、その歌詞による空間演出を評価され「iFデザインアワード2019」を受賞するなど、DJシーンのみならずデジタルアートの最先端として認められています。

INTERVIEWDJ SKEE

rekordbox lyricの存在意義はパフォーマンスの向上以上に可能性を秘めている。アーティストにとって歌詞とは基礎となるものだ。人々を曲のフックへと引き寄せる重要な要素だし、アーティストがアーティストたる所以でもある。